MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【子育てが楽しくなる魔法教えます―はじめてみようほめ育てプログラム】

インフォメーション

題名 子育てが楽しくなる魔法教えます―はじめてみようほめ育てプログラム
著者 上野 良樹
出版社 ぶどう社
出版日 2015年7月28日
価格 1,540円(税込)

 

  社会学者 上野千鶴子さん 推薦!

  これ、やってみよう、問題だらけのうちの子にも、
  夫にも、部下にも、年寄りにも…と思えてきます。
  ほめて育てる、はいつだって人間関係の魔法の杖。
  きっと効果抜群です!

引用:ぶどう社

ポイント

  • 自分で決めたという感覚のほうが守りやすい。単純な指示やおしつけにならないようにすること。

  • できた日は〇、できなかった日は×、できたらかならずほめる。

  • 「がまんグッツ」をにぎりしめて「ガマン、ガマン」と小さな声で唱える。

サマリー

子育てが楽しくなる魔法教えます

ホメホメ名人になろう

子どもに声をかけるのは、叱るときばかりになってしまいがちである。

でも、いいところもあるはず。

「悪いとき」ばかりでなく、「いいとき」も声をかけなければ不公平である。

いいところも悪いところも、均等に見てみようという気持ちになることが、大切である。

いいところを探すヒントは、「ふつう」にしていること。

朝、ひとりで起きられる、「おはよう」が言えるなど。「それができないと」と考えると、「いいところ」に見えてくる。

次に、子どもの行動を「好ましい」「好ましくない」「危険」の3つに分け、具体的に書き出す。

そして「好ましい行動」をしたら声をかけるようにする。

すると、必然的に肯定的なことばになる。

それは子どもの自信になり、余裕が生まれる。

また、親も気持ちが落ち着く。

声かけは、「かたづけてるね」など、行動そのものを言葉にすることが大事。

認めていることが伝わり、子どもは自分から行動するようになっていく。

すぐに声をかけること、短い言葉にすることも効果的である。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

読書管理アプリ「Booklife」と連携しました

要約の管理は Booklife!

目次