MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【終止符のない人生】

 

インフォメーション

題名 終止符のない人生
著者 反田恭平
出版社 幻冬舎
出版日 2022年07月21日
価格 1,760円(税込)

 

夢を叶えた瞬間からすべてが始まる
日本人として51年ぶりのショパン国際ピアノコンクール2位の快挙、自身のレーベル設立、
日本初“株式会社”オーケストラの結成、クラシック界のDX化

脚光を浴びる若き天才は次代の革命家でもあったーー
いま世界が注目する音楽家の軌跡と未来

■序章 冠を獲りに行く
■第1章 ピアニスト反田恭平誕生
■第2章 いざ、世界へ
■第3章 人生を変えるショパンコンクール
■第4章 僕が世界で2位を獲れた理由
■第5章 音楽で食べていく方法
■第6章 音楽の未来
■第7章 僕を支えた天才たち
■おわりに

引用:幻冬舎

ポイント

  • 本書は日本が誇るピアニストの半生を描いた作品だ。ショパンコンクール第2位に駆け上っていく姿が描かれ、これからの音楽のあり方や可能性にも言及している

サマリー

音楽を始めたのは、音楽教室のチラシがきっかけだった。

4歳のとき、先生がピアノで同時に11の音を鳴らしても、それを正確に言い当てることができた。

著者にとってはそれはごく普通のことだった。

今の自分があるのは、「音を楽しむ」ことを 親身になって教えてくれた当時の先生のおかげだと著者は言う。

指揮者への憧れ

「本業はサッカー」「趣味はピアノ」だった著者だが、11歳のとき試合中に右手首を骨折し、 それがきっかけでサッカー選手の夢をあきらめた。

サッカーへの思いを引きずる中、子どものための指揮者のイベントに参加した。

指揮台に立った時の重圧と緊張感。指揮棒を構えて合図を出した瞬間、金管楽器が鳴り、もの すごい音圧が全身にぶつかってきた。

「心のなかに風がビュッと吹いた」ように感じた。

指揮者の先生に、どうしたら先生のような指揮者になれるか聞いたところ、「まずは楽器を一 つ極めるように」と教えられる。こうして著者は真剣にピアノに向き合うようになった。

中学時代は、ピアノに真剣に向き合いながらも、友人との遊びや学校生活にも真剣だった。

羽目を外すことがあっても、先生たちは生徒たちと正面から向き合ってくれた。

この時期に学んだ「義理と人情をもって相手とつきあう」ことは、その後の著者のピアニストとしての活動の 下支えになっている。

音楽科の高校に進学する際、父親にコンクールで1位を獲ることを条件に出され、著者は見事に三つのコンクールで1位を獲り、音楽科の高校への進学を認めてもらった。

高校は、金髪、サングラス、ビーチサンダルで通った。

見た目はデタラメだが、ピアノを真剣に 学ぼうと考え、ピアノの指導に定評のある川島先生の門下生になることを願い出、指導を受けた。

恩師の包容力。「たくさん失敗しても、道を踏み外しても、先生は君が踏み外した道を直して あげよう。だから今のうちに、盛大に華々しく道を踏み外しなさい。だけど僕が忠告したときには、ちゃんとそれを聞くんだよ」

いざ、世界へ


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア

絞り込み検索

目次